建築業などが代表的な例でしょうが、一人親方として仕事をし、収入を得る場合は、個人事業主として登録し、青色申告をして確定申告するのが最適な方法でしょう。もちろん、一人親方である以上、人手が必要なこともあるでしょうから、その点は業務委託で職人と提携するとか、短期的な雇用契約をするとかで、労務面とか提携面での工夫は必要になりますが、収入と支出を明確にして運営しようというのであれば、前述の方法がいいというわけです。経理とか帳簿つけとか、電話応対を奥さまがするとなれば、専従従業員として登録し、給与を支払い、経費で落とすこともできますし、パッケージソフトなどで帳簿関係を整備すれば青色申告も可能です。そうすれば、確定申告時に65万円の控除が認められるという特典もあります。経理の帳簿仕分けが多少面倒ということはありますが、慣れれば何ともないことですし、最初は青色申告会などで丁寧に指導してもらうこともできます。少し注意したいのが、消費税の関係です。1千万円以上の売り上げがある場合は、消費税の処理も必要になるので、この点だけは良く勉強しておく必要があります。また、奥様を専従従業員として登録すると、税申告上は扶養家族として扱えません。月8万円の給与として、年間98万円を経費で落とせますが、ダブって38万円の控除は受けられないということです。