結婚式でまず最初にゲストと関わる瞬間というのは、結婚式の招待状ではないでしょうか。

新郎新婦にとっては、自分たちのハレの日に立ち会っていただくためのお願い、そして招かれるゲスト側としては、素晴らしい一日への招待状ですよね。

そんな招待状の宛名書きは、やはり手書きがベストです。もちろん、書く側である新郎新婦にとっては、人数が多ければ多いほど、その作業は大変です。

いつまでに招待客に郵送しないといけないと期限が決まっていることですし、仕事で疲れて帰ってきて、この作業をするのは辛いと思われる方もいると思います。

でも、ゲストにとっては、たった一つの招待状。やはり宛名書きが印刷のものと、手書きのものでは、届いたときの気持ちが違います。

手書きのものは、どれもそうですが、送り主の気持ちが見えるものです。少しでも、心のこもったおもてなしを、と思われるのであれば、是非手書きされることをお勧めします。

宛名書きに使う筆記具は、筆や筆ペンだと尚更、特別な日、という気持ちをゲストにも持ってもらえることでしょう。

もちろん、普通のペンでも構わないと思います。最近は、「代理筆耕」という手段もあります。

多忙でどうしても手書きする時間が割けない、という方には、このような代理業者に頼むという方法もあります。

二人にとって結婚式は大切な一日ですから、少しでもゲストには気持ちよく出席して頂きたいものです。
結婚式 招待状 宛名書き 毛筆